グループ紹介
医療法人 シーエムエス
杉循環器科内科病院
日の出町すぎ病院
Facebook
社会福祉法人 木犀会
ケアハウスやぶつばき
特別養護老人ホームすぎの木
介護付有料老人ホームゆずりは
診療時間:月〜金:午前9時〜午後1時/午後2時〜午後6時、土曜:午前9時〜午後1時、休診日:日曜、祭日、年末年始、お盆休み/面会時間:月〜土:午後1時〜午後8時/日曜・祭日:午前11時〜午後8時、月〜土:午後1時〜午後8時/日曜・祭日:午前11時〜午後8時
HOME
ホーム  >  病院紹介  >  ご挨拶
ご挨拶

ご挨拶

柳川すぎ病院は、内科、循環器内科およびリハビリテーション科を標榜する回復期型病院です。循環器専門病院として、地域に浸透し始めており、胸痛、動悸、息切れなどの症状があって外来を受診される方々が増えてきました。現在、職員が一丸となって、多職種協働のチーム医療を行なっています。

令和2年2月からは、当院では、新たにサルコペニア/フレイルに対する専門外来を始めました。サルコペニアは「加齢に伴い筋肉量が減少した状態」のことで、フレイルに最も影響を与える因子です。サルコペニアになると筋力が低下するとともに歩行速度も低下して身体活動量が低下します。その結果、食欲が低下し栄養不足となり、筋肉量が減少して、サルコペニアがさらに進行するという、いわゆる「フレイルの悪循環」におちいります。この悪循環を断ち切るためには、心臓リハビリテーション医療の応用が可能であると考えています。75歳以上の高齢者における要介護の第1位の原因がサルコペニア/フレイルです。令和2年度から、厚生労働省は75歳以上の後期高齢者を対象にフレイル健診を導入することを決めています。そのような中、サルコペニア/フレイル専門外来の意義は大きいものだと考えています。

今後も、「地域社会への貢献」ができる病院を目指していきたいと考えていますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

柳川すぎ病院 院長
池田 久雄

このページの先頭へ