グループ紹介
医療法人 シーエムエス
杉循環器科内科病院
日の出町すぎ病院
Facebook
社会福祉法人 木犀会
ケアハウスやぶつばき
特別養護老人ホームすぎの木
介護付有料老人ホームゆずりは
診療時間:月〜金:午前9時〜午後1時/午後2時〜午後6時、土曜:午前9時〜午後1時、休診日:日曜、祭日、年末年始、お盆休み/面会時間:月〜土:午後1時〜午後8時/日曜・祭日:午前11時〜午後8時、月〜土:午後1時〜午後8時/日曜・祭日:午前11時〜午後8時
HOME
ホーム  >  コラム 気になる医療  >  コラム 気になる医療
コラム 気になる医療

コラム 気になる医療

バックナンバー

なぜ糖尿病を治療するのか

糖尿病内科
名取 省一

糖尿病はなぜ治療する必要があるのか?という疑問をお持ちの糖尿病患者さんもいらっしゃるかと思います。一言でいえば糖尿病の慢性合併症を阻止するためです。合併症としては全身の血管合併症すなわち細い血管合併症である網膜症、腎症、神経障害と高血糖が動脈硬化症を助長することで発症する心筋梗塞、狭心症、脳血管障害などが代表的な糖尿病の合併症です。
網膜症、腎症、神経障害は細い血管の合併症であり、糖尿病との因果関係が判明している特徴的な合併症のため、以前から「糖尿病の三大合併症」と言われています。これらの合併症は通常血糖コントロール不良状態(HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)8%以上)が少なくとも10年以上続いた状態で出現すると言われています。

一方、動脈硬化症を基礎疾患として発症する心筋梗塞、狭心症、脳血管障害は糖尿病だけでなく高血圧、高脂血症、肥満や喫煙などの危険因子が重なって出現するため、軽症糖尿病の方や境界型糖尿病の方であっても高血圧、高脂血症、肥満のコントロールや禁煙ができていない場合は発症することがあり注意が必要です。心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患と脳血管疾患を合わせると、日本人の死因の2位(年間31万人)になります。ちなみに、日本人死因の第1位が「がん」(年間37万人)で、これに近い数字となります。
当院では循環器内科(心臓血管内科)の専門性も活かして、糖尿病の血糖コントロールのみならずこれらの血管合併症の評価を積極的に行っています。

2020年11月23日

このページの先頭へ